アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

資格が役に立つ

ハリがある

エステティックサロンの求人に応募する場合、アロマセラピストの資格はとても役に立ちます。
アロマセラピストの養成学校に通って、きちんと資格を取っている多くの人がエステティックサロンに就職が決まっています。
最初は、自分の心身のケアのためにアロマセラピーの勉強をする人が多いのですが、だんだん専門的なことも勉強したくなって学校に入り、最終的には資格を取ってプロのアロマセラピストになったという人もいます。
アロマセラピストの養成学校には、サロンやマッサージ系のお店から採用したいという申し込みがたくさんありますし、他のサロンに就職したい場合は、自分で履歴書を書いて出します。
サロンでは、初心者でも受け付けるところもありますが、最近は即戦力となる人を選ぶ店が多いのです。

即戦力を期待する

昔は、エステティックサロンが新入社員を取る場合、マッサージの知識など全くない人を採用し、自社でトレーニングを受けさせてプロのエステティシャンにしていました。
しかし、アロマセラピーというものが日本社会に浸透し、養成学校を卒業する頃にはプロの知識と技術を持って専門職として通用する人が多く出てくると、サロンやマッサージ店でも、素人よりも即プロとして通用する人を選ぶようになってきたのです。
なぜなら、研修費用がかからないというのは、かなりのコスト削減になるからです。
費用だけでなく、時間の節約にもなります。
しかも、養成学校では知識と技術の習得はもちろんのこと、実際に授業でモデルを相手に顔や身体のマッサージをしますので、サロンやマッサージ店では採用した人をすぐに仕事に就かせることができるのです。

カウンセラーやヒーラーとの違い

セラピストとは、セラピー(治療・療法)を通して、心身への治療・療法を行う治療技術の専門家のことです。
日本では、一般的に「セラピスト」という場合には、アロマセラピーやカラーセラピーのような、癒しやメンタルケアをイメージする言葉です。
良くカウンセラーとの違いが取り上げられるのですが、セラピストは、比較的積極的なアプローチで、治療を行う人であるのに対して、カウンセラーは、受動的な立場で相談を聞く人のことをいいます。
実際には、明確な境界線がないのが現状です。
また、ヒーラーともよく比較されるのですが、ヒーラーは、パワーストーンや生命エネルギーなどを用い、何らかのエネルギーで治療を行う人のことを言います。

オススメリンク

サロンはしっかり選ぶ

人を綺麗にする、人を癒す仕事というのは素晴らしいことです。
お客様の笑顔によって、自分自身が癒さ…Read more

求人サイトを活用する

エステティシャンやセラピストとして働きたいという場合には、多くの求人情報を集めることが大切になります。<…Read more

関連リンク